TECHNOLOGY

TECHNOLOGY

KOKメインネットは、デジタルコンテンツの制作と流通に最適な機能を提供するために開発された第4世代メインネットです。

Feature of MainNet

従来のDPOS方式の速度的な長所を継承しながら、BP間の団結などの中央集権問題を解決することで、ブロックチェーンのトリマに対する解答を提示します。

Decentralized AI

AIでよく知られている人工知能は、人間のように学習して考えられるコンピューターシステムを意味します。KOKには、広範囲に人工知能が取り入れられています。大きく分けて、2つの領域で脱中央集権人工知能が活用されます。

先ず、BP(ブロックプロデューサー)が合意を成す過程で活用され、そして、BPが担当したDAppの生態系の中でコンテンツのキュレーションと負荷バランシングをするのに適用されます。総合的にコンピュータプログラムを利用して人間の学習能力、推論能力、知覚能力、自然語の理解能力など、あらゆる知能的な行動を模倣できます。

PPBFT

KOKに総合的に適用される合意アルゴリズムは、PPBFT(Parallel Practical Byzantine Fault-Tolerance)です。

分散システムが約束された行動をしないビザンチン(Byzantine)ノードが存在する可能性のある非同期システムである場合、この分散システムに参加したすべてのノードが成功裏に合意に至るように開発されました。プラクティカルビザンチン障害許容(PBFT)は、既存のビザンチン障害許容(BFT)合意アルゴリズムが、同期式ネットワークでのみ合意可能だった問題を解決し、ビザンチンノードがある非同期ネットワークで合意を導き出せるようにしました。このような非同期ネットワークの合意により、トランザクション検証からブロック作成まで数秒内で迅速に処理が可能になります。
従来の第3世代メインネットより約80%以上向上したトランザクション処理速度を示す予定です。

KDDK

KOKを基盤とするDAppの開発のために、KOK DApp Development Tool Kit (KDDK)が設けられます。KDDKはKOK DAppを開発·テストして作動させるのに必要な全てのツールと環境を提供します。

これを通じて開発されたDAppは、ゲームアイテムなどのデジタル商品を代替不可トークン(NFT)の形で開発できます。このような代替不可トークンの開発にはそのトークンのカテゴリーと地域特性、販売形態など多くのメタ情報が必要です。総合した情報は標準化された形式で保存されます。これを基盤としたKDDKで、DAppがNFT形式を簡単に活用できるように繋げていきます。