Token

デジタルコンテンツには限界費用がなく、消費者の購買力によって価格が決まります。物流システムが必要なオフラインとは違って、オンラインのみでサービスを提供するため、市場の状況によって供給量を調節することができるという特徴があります。

KOKは、中央集権化のプラットフォームがもたらす問題点(キュレーション独占や高い手数料など)を解決するために、デジタルコンテンツの特性に合わせた最適化のトークンエコノミーで設けられました。

KOKトークンは、KOKエコシステムの基軸通貨として、コンテンツ決済や所有、分配、リワードなどに使われます。

トークンエコノミーを構成する主体

KOKのトークンエコノミーには、4つの主体が存在します。最初に、プラットフォームにコンテンツを提供する「コンテンツ提供者」。第2に、ハードウェアのコンピューティングパワーをプラットフォームに提供する「サービス提供者」。第3に、サービス提供者のネットワークにステイキングすることで、間接的にプラットフォームのサービス提供に参加する「サービス助力者」。最後に、トークンを使ってプラットフォームとプラットフォーム内のコンテンツを利用する「ユーザー兼キュレーター」です。彼らはそれぞれ保有している資源を自主的に提供し、それに伴うリワードをもらったり、資源消費に対する手数料を支払ったりする、平等なシステムの中に存在します。

コンテンツ提供者 (コンテンツクリエイター)

コンテンツ提供者は、KOKプラットフォームにコンテンツを提供する役割を果たします。正当に著作権や使用権を保有しているコンテンツ生産者は、誰でも提供者になれます。そしてコンテンツ提供者は、自分が保有するコンテンツ全てまたは一部をNFT化して販売可能です。

提供したコンテンツをユーザーが消費すると、それに応じたリワードが得られます。リワードの一部は、手数料として徴収しますが、この手数料は、プラットフォームが提供者にストレージ空間やユーザーに関するデータを提供することに対する対価であり、提供するコンテンツデータの大きさや購入率などによって手数料額は異なります。KOKにおける手数料は、通常の決済額の3~5%程度で、他のプラットフォームでの手数料(30%)より安く、コンテンツ提供者の収益改善が期待されます。

サービス提供者

サービス提供者はとサービス助力者は、自分が保有している資源をプラットフォームに提供してリワードをもらう主体であるという点は同じですが、どのような資源を提供するかによって分けられます。

サービス提供者は、プラットフォームにハードウェアのコンピューティングパワーとリソースを提供して手数料をもらい、提供するコンピューティングパワーの大きさによって手数料額が算定されます。コンテンツ提供者はサービス提供者にもなることができ、この場合、手数料は減免されます。

しかし、この役割を果たすためには、専門的な知識と技術が必要であり、さらに多くの時間を割かなければなりません。これより気軽に参加できるもう一つの主体が、サービス助力者です。

サービス助力者

提供者のネットワークにトークンをステーキングすることで、プラットフォーム内のサービス提供に参加する主体です。ネットワークの中でトークン獲得や預け入れは、ネットワークへの貢献活動とみなされ、それに応じたリワードをもらうことができます。
それに、トークンをステーキングすると、投票する権利が与えられ、これによってプラットフォームの運営に参加することも可能です。

ユーザー&キュレーター

トークンはコンテンツ利用やNFT購入などに使うことができます。同時にユーザーは、コンテンツに対したレビュー作成やコンテンツ共有などの個人の活動情報をプラットフォームに提供することで、キュレーションにも参加することになります。もちろん、キュレーションに参加したユーザーは、相応のリワードがもらえます。さらに、キュレーションを続けて高い信頼度を上げれば、より高いリワードが支給されます。

ユーザーのキュレーション活動で得た情報は、コンテンツ露出及びおすすめのアルゴリズムに活用され、更なるプラットフォームの成長につながります。ユーザーのキュレーション参加とそれに伴うリワード支給は、これまで不正の手段によりユーザの情報を取得したプラットフォームの問題を解消し、真の「透明なリワード」という課題を達成することになります。

流動性の供給

KOKは流動性を供給するために一日一回、新しいトークンを発行します。ステーキングプール全体のホールド量によって、サービス提供者とサービス助力者に新規トークンが配分されます。

エコシステムの活性化のために、発行した一部のトークンは、NFT発行者と購入者の両方にリワードとして配分されます。

分配率は、全体のステーキングパイやトランザクションの需要、また市場流通量などにより自動的に計算され、トークン価値の安定化を図るために常に全体の流通量が一定量にコントロールされます。